内水面魚類の放射性物質の調査
 出荷制限解除
 参考資料
 
 
 
Access
Counter
1.岩手県内水面漁業調整規則等(県水産振興課のページへリンク)
2.岩手県内水面漁場管理委員会(県内水面漁場管理委員会のページへリンク
3.遊漁規則の概要
(1)各漁業権に共通する事項
@ 遊漁をするときは、予め組合又は指定販売所に遊漁料を納付しなければならない。
A 組合、指定販売所は、遊漁料の納付をうけたときは遊漁券を交付する。
B 遊漁券は他人に貸与又は譲渡してはならない。
C 遊漁をするときは、遊漁券を携帯し、漁場監視員の要求があったときは提示しなければならない。
D 漁場監視員は、遊漁規則の励行について必要な指示をすることがある。遊漁者は、漁場監視員の指示に従わなければならない。
漁場監視員は、漁場監視員証と腕章を所持している。
E 遊漁者は、相互に適当な距離を保ち、他の者の迷惑となる行為をしてはならない。
F 組合又は漁場監視員は、遊漁者が遊漁規則に違反したときは、直ちに、その遊漁者に遊漁の中止を命じ又は以後の遊漁を拒絶することがある。この場合、遊漁者が納付した遊漁料の払戻しはしない。
G 共通遊漁券購入者が共通遊漁券や腕章を携帯しなかったり、付けていない場合は、単協遊漁料(加算金を含む)を徴収される。
H 特別漁場、特設会場、つかみどり漁場で遊漁する場合は、別に定められた料金を納付しなければならない。
  〔注意〕年度の中途で、遊漁規則の一部が変更されることもありますので、お含みおき下さい。
(2)河川組合別遊漁規則概要・漁業権漁場図(県水産振興課のページへリンク)

 







岩手県内水面漁業協同組合連合会
〒020-0023 岩手県盛岡市内丸16-1 水産会館5階
TEL019-623-8712 FAX019-623-8713

|  個人情報の取り扱い  |  リンクについて  |